日銀 | KURAGE online

日銀 | KURAGE online

「 景気 」 の情報 

日銀静岡支店、7月の景気判断据え置き

日銀静岡支店は21日発表した7月の金融経済動向で、景気の全体判断を3カ月連続で「足踏み状態にある」とした。感染の再拡大に加えて大雨による

九州・沖縄の7月景気判断据え置き…日銀福岡支店

日本銀行福岡支店は19日、九州・沖縄の7月の金融経済概況を発表した。景気の現状について、「厳しい状態にあるものの、輸出・生産を中心に

6月の業況判断指数 4期連続改善

日銀静岡支店によると、6月の業況判断指数は多くの業種で依然マイナスのままだが4期連続で改善している。日銀静岡支店によると「景気が良い」

日銀、21年度経済成長率予想は下方修正

日銀は2021年度の実質経済成長率が前年度比3・8%になるとの見通しを示し、4月時点の4・0%から小幅に下方修正した。景気の現状は「

北陸景気据え置き 日銀金沢支店

日銀金沢支店は12日に発表した7月の金融経済月報で、富山など北陸3県の景気について「一部に下押し圧力が続いているが、総じてみると

【日本の解き方】日銀短観で浮かぶ改善格差 大打撃が続く宿泊・飲食業、補正で回復基調を確実に ...

日銀の6月短観が発表された。ここから景気の現状と今後を読み取り、必要な経済対策について考えてみたい。 PR. 日銀短観では、景気が「

北陸の景気上方修正 2期ぶり「持ち直している」 日銀金沢支店

日銀金沢支店は5日発表した7月の地域経済報告(さくらリポート)で、北陸三県の景気の総括判断を「総じてみると持ち直している」とし、4月の

日銀、中四国の景気判断下げ 個人消費不振や半導体不足が響く

日銀の黒田東彦総裁は5日の支店長会議で、日本の景気の現状について「新型コロナ感染症の影響から引き続き厳しい状態にあるが、基調としては

日本の景気「新型コロナで厳しい状況だが持ち直している」日銀総裁

日銀の黒田総裁はきょうの午前中に開かれた支店長会議の冒頭で、「わが国の景気は内外における新型コロナウイルス感染症の影響から引き続き

Copyright© 日銀 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.